カフェカーテンのイメージは?

カーテンの分類

1、カフェカーテンの位置

カーテンには、大きく分けると「スタイルカーテン」、「レースカーテン」、「バランスカーテン」、「ブラインド」に分かれます。カフェカーテンは、その中のスタイルカーテンに属します。

スタイルカーテンというのは、普通のカーテンのようにプリーツの加工をして、ウェーブをキレイに見せるだけではなくて、さらにデザイン性を追及した「飾り」のようなカーテンを指します。これらのカーテンはデザイン性を作るために機械を使用したりして、シンプルに見せたり、ゴージャスに見せることが可能となったため、よくオシャレなカフェや、レストランなどで使用されています。

スタイルカーテンは、その名の通りスタイル、つまりデザインに重点を置いているという特徴から、開閉ができなかったり、操作がやりにくいというようなデメリットもありますが、その反面、使うところによってはとてもキレイで優雅な雰囲気を出してくれます。出窓でスタイルのスカラップなどを使用すると、内側だけではなく外側から見てもオシャレな雰囲気を指すことが可能となります。現在では、装飾性の豊かなスタイルカーテンがたくさん登場しています。

2、カフェカーテンの特徴

トップページにもありましたが、カフェカーテンの一番の特徴は、その大きさでしょう。カフェカーテンの大きさは一般的な長さが、高さが40cm〜60cmで幅が窓と同じか、それよりかすかに短いタイプが一般的です。ただし、一般的な長さであるということで、高さに関しては何cmでもオアーダーカーテンと言えば、オーダーカーテンとなります。しかし、カフェカーテンはインテリアの一部として考えられていることが多いので、ワンポイントとして使うことが多いようです。

3、他の種類との違い

他の種類との違いを知るためには、他の種類の特徴を知らなければなりません。

・レースカーテン

インテリアで織物や編み物の技法で作られた透明性のあるカーテン生地で縫製されたカーテンをレースカーテンと言います。光るの調節や目隠しになり水洗いにも強いものが好まれるため、素材は木綿やポリエステルが多くなっています。またドレープカーテンと2重吊りにすることが多くて、一般的には室内側にドレープカーテン、外側にレースカーテンとなるのですが、最近では、この逆に吊るというインテリアもあるようです。レースカーテンのデザインについては、メッシュやストライプ、チェック柄に刺繍が施された柄物から、無地柄など色々な種類があります。

・バランスカーテン

バランスカーテンとは、カーテンやシェードを飾った後に、見た目をおしゃれにするためにつける装飾のことで、これはカーテンレールを隠すように取り付けられるのが普通です。直線か上からみて、コの字型のどちらになるのが一般的です。このバランスカーテンで装飾を施すと、見た目はヨーロッパのイメージになり、とても豪華で格式のあるイメージになります。本家のヨーロッパでは、バランスカーテンではなく、また別に左右にリングを使って飾る方法などもあります。バランスカーテンの高さは、通常25cmから30cmぐらいとなりますが、窓の高さ(カーテンの高さ)によっては変わることもあります。

また、バランスカーテンは装飾効果だけではなく、古い金具やレールを隠したり、カーテンの隙間から外からはいる光を遮る効果もあり、上部の隙間を隠すことから省エネの面でも効果が10%位あると言われています。

・ブラインド

これに関しては、あまり詳しく言わなくてもいいと思うので、簡単にいきます。インテリアの窓回りには、カーテン生地を使って縫製されたカーテンやスタイルカーテンのほかにも、アルミの素材や木をつかって作られている商品があり、その中に、良く一般的に使用されているものがブラインドです。

・違い

それぞれに、違いを見ていくと、レースカーテンとの違いは、サイズです。レースカーテンは、普通のカーテンと同じぐらいですが、カフェカーテンは短いことです。バランスカーテンとの違いは、単一で働くかどうかです。カフェカーテンはそれだけで使用されますが、バランスカーテンは他のカーテンの装飾するというものです。最後のブラインドは、金属かどうかでしょう。

このように、それぞれの特徴を比べると、カフェカーテンがどういうものか分かります。

recommend

2016/10/11 更新