カフェカーテンのイメージは?

カフェカーテンの機能

カフェカーテンのみならず、普通のカーテンにも、最近では、いろんな機能がついていることが多いのです。少し例を出して見ましょう。

1、機能例

・形状記憶加工

長期間使ったカーテンや洗濯を繰り返してきたカーテンなどはドレープやプリーツが崩れてしまい、だらしなく感じることもあります。しかし、形状記憶加工を行うことにより、長く使っていても洗濯を繰り返していてもドレープやプリーツが崩れにくく美しさが長持ちするようになります。

 

・同色裏地付き

遮光や遮音性を増加させ断熱効果をより一層高めるために、裏地をつけた使用です。その分重くなります。

 

・ミラー効果

女性の1人暮らし、単身赴任で夫が留守の家族などにお勧めできる加工です。ミラー効果により、室内が見えにくくなり、プライバシーを守ることができるようになります。また、紫外線もしっかりカットしてくれます。

 

・チェーンウエイト

名前の通り、裾に鉛製のおもり(ウエイト)を巻き込み縫製したもので、自然でキレイなドレープを実現します。

 

・遮光性

優れた遮光性で強い日差しを遮り、プライバシーを守ります。遮光性を高めるために、黒糸を織り込んだり、生地の裏面にラミネート加工するなどの方法があります。遮光率により「級」があり、1級は遮光率が99.99%以上で人の表情さえも判別できないレベルです。

 

・シームレス縫製

従来のものは大きさがあわないと、生地をつなぎ合わせて、窓の大きさに合わせることも合ったそうですが、大きなサイズでも、生地の巾(切れ地)のつなぎが無いので、一枚布のように滑らかな仕上がりです。

 

・花粉キャッチ

スギ花粉のために、花粉症の人は春先はきつい季節になります。それを少しでも軽減しようとして、行われる加工です。室内に入り込んだ花粉やホコリを吸着し、さらに再び室内に舞いにくいように工夫をされているものを言います。

 

・消臭

人体の老化や新陳代謝によってし生じるニオイの原因物質「ノネール」を科学的に分解吸着し、生活のイヤなニオイの消臭に効果を発揮します。他にも、新築やリフォームした室内で、目や喉の痛み、頭痛、息苦しさなどを起こす「シックハウス症候群」の原因物質を吸着、除去します。

 

・エコ

ペットボトルなどから作られる再生ポリエステル繊維を50%以上使用した、環境にやさしい商品です。

 

・防炎

炎にさらされても燃えにくい加工が施されています。「消防法施行規則」に基づく防炎性能試験に合格したものに、防炎マークが表示されています。ただし、あくまで燃えにくいのであって、絶対、燃えないと言うわけではありませんので注意しましょう。

 

これらの他にも、人のための加工、地球のための加工などがあります。