カフェカーテンのイメージは?

カーテン

夏も本番になり、カーテンで日差しを遮ることも多くなってきましたが、このカーテンは、他にもインテリアや防音などのいろいろな、役割を担っています。今では、このカーテンは家ではもちろん、車の中でも見かけることもあります。

家や車のカーテンは、主に遮光性や防音性などの機能性を重視して、「使う」ことを重点としています。では、インテリアを重点として、カーテンを用いているのは、どこでしょうか。みなさんも、喫茶店に脚を運んだことはあるでしょう。そこの窓に注目して見ましょう。カーテンがありますよね。しかし、日差しを遮るためでも、防音のためでもないでしょう。つまり、カフェのカーテンは、「使う」事ではなくて、「飾り」として使っています。このような、カフェのカーテンは一般的に、カフェカーテンとも言われています。

1、カフェカーテンとは

遮光性や防音性、さらにはインテリアともして使われるのに対して、主に、店内のインテリアとして使われることが多いのが特徴ですが、一番の特徴は、カフェカーテンの大きさでしょう。家庭で使われるカーテンは、窓の高さとほぼ同じくらいなのに対して、カフェカーテンのほとんどは、とても小さく、窓の一部を隠す程度のものが多いです。しかし、インテリアとしてのカフェカーテンは、レース場のもので、涼しげで上品なイメージをお客に与えています。

最近では、その涼しげで上品なイメージからか、普通の家庭でも多く見られ、そのために、カフェカーテンを売っている店も多く、サイトでも通販で見かけることも多いでしょう。さらには、手作りカフェカーテンの作り方を載せてあるサイトも少なくありません。これだけでも、カフェカーテンの人気が分かります。もし、カフェカーテンが欲しいと言うのなら、お店や通販でその窓にあう物を選ぶのもいいでしょうし、自分で作るのもいいでしょう。

カフェカーテンは、眺めているだけでも、なんとなく気分を落ち着かせてくれるし、午後にコーヒーを飲みながらゆっくりとくつろぐときにあると「さま」になります。それに、見た目も涼しげな印象を与えますし、豊富な種類の柄や生地、カラーにデザインなどがあり、どんな場所や環境でも、インテリア次第で、部屋の印象も自由自在の変化させることもできるでしょう。カーテンに限らずカーペットなど、お店や通販サイトも多いので、選ぶだけでも楽しみになるかもしれません。様々な機能をもったカーペットやラグ、カーテンはたくさんあります。

しかし、「カフェカーテン」で検索苦した場合は、約151万件ものサイトが出るのに対して、カフェカーテンとはどういうものかを説明しているサイトは少なくて、さらに、書いてあっても自分での作り方まで載っていなかったり、宣伝のための説明(「カフェだけではなく、家庭でも大人気のカフェカーテン・・・」など)が多く見られました。

そこで、このサイトでは、「カフェカーテンについて」をテーマに、カフェカーテンの通販を扱っているサイトの安全性、生地や長さなどの説明を指定校と思っています。今、通販サイトや電話でカフェカーテンを注文している人はちょっと手を止めて、このサイトを見てからでも遅くは無いと思います。役に立つ、立たないは見る人によっては変わるでしょうが、見るだけで損をする事はないと思いますので、「カフェカーテンについて」興味があるようでしたら見ていってください。

2、サイトを利用する方へ

このサイトを利用してみるという方は、最初に「サイトマップ」の免責事項と注意事項を読んで、それを理解、承諾したうえで使用することをお願いします。「サイトマップ」の免責事項と注意事項が守れないという方は、このサイトの利用を禁じます。

check

リシャールミル
http://www.couronne.info/shopbrand/026/X/
ホームページ作成 大阪
http://www.e-webseisaku.com/
小椋悟
http://satoruogura.wiki.fc2.com/
立川 税理士
http://farettachikawa.q-tax.jp/
広島 相続税
http://hiroshimajyouhoku.zaisan-hiroshima.com/

最終更新日:2016/6/22